知っていますか?日本で銀歯が多いワケ?|銀歯から白い歯へ!

奥歯、前歯のイメージ日本では差し歯、かぶせ物、そしてブリッジなどの歯の治療において保険が適用される治療を選ぶ人がとっても多く、その保険治療の場合、治療に使える材料が決まっているので、奥歯は銀歯(金銀パラジウム合金)、前歯は金銀パラジウム合金の土台に天然の歯とは見た目に違和感のある白いプラスティックを装着した治療になることが多いです。

でも、日本以外の先進国では、金属という素材(特に銀やパラジウム)の健康リスクや審美性の観点から、同様の銀歯による治療は一般的ではなく、透明感のある白いセラミックス素材でできた人工的な歯による治療が広く普及していることを皆さん知っていましたか?おそらく外国の人で銀色の歯を見かけることはほとんどありませんよね。先進国の外国の人が日本人の銀歯を見たら、それは現代でお歯黒をしているような違和感を感じるかもしれませんね!?

口をあけたときに気になりませんか?

自分で鏡を見るときは大きく口を開けて見ないよね?だから自分ではあまり気がつかないけれど、普段は人から見たときはかなり銀歯は目立ってるみたい。

鏡の前で大きな口で笑って見てください。
銀色の歯、差し歯と歯茎の間の黒い線(金属が見えている)、歯茎がピンクじゃないとか…、気にならない?

それが嫌で10万円以上する自費による表面を白いセラミックの人工の歯にしたとしても、その土台に金属を使っている場合は黒い線や歯茎の変色のリスクは解決できないそうです。テレビや雑誌を見ても歯はとっても白くて綺麗なのに、この黒い線が見えているタレントの人って結構いますよね…。

では、銀色、黒い線、歯茎の変色のすべてを解決できる方法があるのかな?
現在は、デジタルの技術革新により、歯の治療技術も大きく進化しています。新素材により、金属を土台に使用しない、天然歯もあまり削らない、透明感のある白い差し歯、かぶせ物、そしてブリッジ治療が実現されました。

透明感のある美しい白い歯と歯茎を取り戻しましょう。

銀歯から白い歯へ!

新素材!セルコンZ冠で、白い歯・健康な歯茎を手に入れましょう!
意外と知らない!銀歯は残念
  • TOPへ戻る
  • リンク用バナー
  • このサイトについて